レジ袋に加えてスプーンも…「使い捨てプラスチック」の削減義務化は本当に“エコ”なのか

プラスチック削減の大号令

久しぶりにスターバックスに行った。スタバと言えばラテ類も美味しいが、寒い季節であってもシャリシャリのフラペチーノを暖かい店内などで飲むのがたまらない。

ところが、最近はちょっとフラペチーノを頼むのに躊躇する。それはフラペチーノに付いてくるストローが紙製だからだ。

スタバは2021年9月から、フラペチーノのストローを紙製のものにしている。耐久性の高いものを使っているとは言うが、飲み始めは良くても、ある程度立つとどんどん柔らかくなって吸いづらくなってしまう。

僕は他の人よりも飲み物を飲むスピードが早い。その僕でさえ後半は吸いづらくなっていることを実感しているのだから、もっとゆっくりドリンクを楽しみたい人たちの苦労は察せられる。

ブログやSNSなどで新メニューの話などを楽しそうにしているスタバのファンは多いが、紙ストローになって良かったと言っている人を見たことがないし、大半がプラスチックに戻して欲しいと言っている。

マイストローを利用している人もいるが、唾液も混入する細い管を使い回すことは衛生的に厳しいし、なによりカフェの手軽さが失われる。

時間がかかると飲みづらくなるので、早く飲む客を増やして「回転率アップ」を目指しているのではないかなどと、つい勘ぐってしまいそうにすらなる。

photo by iStock(写真はイメージです)
 

スタバとしては、プラスチックの使用を削減することで、環境保護に熱心な企業というイメージを作りたいというのは分かる。

しかし、昨今のプラスチック削減の大号令は、本当に必要なのだろうか?

関連記事