2022.02.25
# ライフ

ゲッターズ飯田が伝授、「運が悪い時期」を乗り越える「とっておきの方法」

不運と感じたときほど、実は成長期
ゲッターズ飯田 プロフィール

運気が悪いという時期は、悪いのではなく、己の裏が出るとき。

自分への宿題や、裏の自分を戦えるとき。

そこで、自分の裏がどんな感じの人間になるのかを事前に理解しておけば、

「え? 自分ってそんなところがある?」

と否定するよりも

「あ~、人に見せないところにそんなところがあるな~」

とわかり、それならこうすればいいのかと理解できる。

裏運気には、裏モテ期、夏お金持ち期、裏ダイエット期、裏デブ期など、裏になるからできることもあるし、裏だから評価される場合もある。

不向きなことは、自分主導での決断。

自らの決断で、家を購入、結婚、車を購入などは避けたほうがいい。

ただし、流れの中で、他人が決断したことにして、他人に任せてしまえば、視野も広がり、いい勉強にもなるもの。

Photo by iStock
 

裏目に出るなら、最初から裏を張ればいいだけで、裏を楽しめば、裏の自分の能力を高められるから、それはそれで面白い。人生は面白くできている。

ただ、体力と体調に注意がいるだけ。

日ごろ健康な場合は、裏になるから不健康になる。

単純にそれだけ。

どんな人にも裏側がある。

いいときもあれば、裏に出るときもある。

それは悪いときではなく、「裏になっているんですよ」とわかると、人生はもっと気楽になるもの。

SPONSORED