2022.02.25
# ライフ

ゲッターズ飯田が伝授、「運が悪い時期」を乗り越える「とっておきの方法」

不運と感じたときほど、実は成長期
芸能界で一番有名な占い師であるゲッターズ飯田さん。この度、彼の「原点」とも言えるエッセイ集が発売された。日常生活やビジネスの場面においても「指針」をくれると話題の書籍『ゲッターズ飯田の占いよりも大切な話 ただそう思っただけ』から、ゲッターズ飯田さんが進める「運が悪いときを楽しむ方法」について、一部編集のうえ紹介しよう。

占いの実験台は、常に自分自身

自分の占いの最高の実験台は自分。

常に自分の占い通りに動いている。

欲しいものも買わない。

遊びにもいかない。

占いで休めと出るまで休まない。

占い通りに進んで、人はいったいどうなるんだろうか?

常に実験している。

結婚もして、子どもも産まれて、生活も安定した。

占いとは、心のリズムを数字に表しているだけのように思う。

昔の人が人間の心を研究して、そこにはリズムや流れがあることを知った。中国では、それを「気」と言うことが多い。

Photo by iStock
 

気の流れ。

心の流れ。

どうすれば心地いいのか。

どうすれば無駄なく流れに乗れるのか。

自分がどんな流れなのかを知るのが占いで。

それに逆らおうとすれば、いくらでも逆らうことができる。

自分の意思で決めればいいし、努力して頑張ればいい。

でも、それでは心が疲れてしまうから。

気が滅入ってしまうこともあるから。

SPONSORED