オンライン英会話スクール講師・mamiさんによるFRaU web連載「シンプルなのに伝わる英会話レッスン」(毎週金曜更新)では、覚えやすく短い英会話を提案しています。

「take」 という英単語の代表的な意味を考えると、物を取る、手に取るなどの「取る」という意味が思い浮かぶと思います。ですが、「take」はさまざまな意味を持つ活用範囲が広い単語なんです。そこで今回は、覚えておきたい3つの意味と使い方を例文とともにご紹介します。

今までの英会話レッスンはこちら▶︎

-AD-

★mami流・英語を話すときの心得★
「間違えないように言わなきゃ」と気負う必要は全くありません。一番大事なのは「相手に伝えること」。カタコト英語でも問題ナシ! 「英語がしゃべれないから……」と、困っている外国人を見て見ぬふりせず、積極的に話してみましょう。

さまざまな意味を持つ「take」の使い方

「take」は「取る」という意味で覚えている方が多いと思いますが、このほかにも意味や使い方がいろいろとあるんです。一緒に使う単語とともにシチュエーション別に解説していきます。

【1】 座る

【解説】「take a seat」という表現がありますが、これは「イスを取る」ではなく、「座る・腰掛ける」という意味になります。友達の家に行くと「Please take a seat.(どうぞお座りください)」と言われたりします。接客英語としても使えるので、覚えておきましょう。

【2】 乗る

【解説】「take a bus」「take a train」「take a taxi」などの表現があります。このときの「take」は「取る」ではなく、「乗る・利用する」という意味。これは、どの移動手段を使うかを強調したいときに使われる言い方で、「I took a bus.」と言うと、「電車や徒歩などではなく、バスを使って移動した」というニュアンスが含まれています。

【3】 連れて行く・持って行く

【解説】「take」と一緒に「場所」を示すと、「連れて行く・持って行く」という意味になります。「Take me there.(私をそこに連れて行って)」や、「Can you take this to his house?(これを彼の家に持って行ってくれる?)」などのような使い方ができます。

今週はここまで。mamiさん監修「シンプルなのに伝わる英会話レッスン」は毎週金曜日に更新!

\使えるフレーズを日々アップ/
Instagram「超絶シンプル英会話」▶

英語を話すために知っておきたい いらない英文法』(KADOKAWA)
mamiさんの3冊目となる最新著書では、英語を話すために実は「いらない」英文法を紹介。疑問文、過去完了、to不定詞など、英会話に必要な英文法を必死に覚えるのではなく、まずは“捨ててみる”と英語が不思議と話しやすくなる。そんな裏技を紹介している英語本です。