2022.02.19
# ライフ

年収2000万「エリート開業医」が、自宅から離れた神戸で「密会」していた女性の正体

山村 佳子 プロフィール

その日は、解約したはずの古い携帯電話を見つけた。わざわざ取ってあるのがいかにも怪しく、充電して電源を入れメールをチェックしてみたところ、最新の日付はつい数日前。やはり不倫相手とやり取りするために、わざと古いガラケーを解約せずに使っていたようだ。

メールをさかのぼっていくと、ちょうど哲也さんがFacebookにハマりだした頃から新しいやり取りが始まっている。メールを読むと、どうやら相手は神戸に住んでいる女性で、哲也さんはわざわざ神奈川から新幹線に乗って会いに行っていることが判明した。

同時に、由美さんには内緒でこっそりやっていたTwitterとInstagramのアカウントも発見。そこには不倫相手との密会の様子や一緒に食べた食事の写真などが頻繁に投稿されていた。

Photo by iStock
 

相手の女性に電話してみたが…

写真を見て頭に血が上った由美さんは、思わずその場でメモ帳に書かれていた不倫相手の番号に電話をしてしまった。

「私は田口哲也の妻です! 夫とはどんな関係なんですか!?」

あまりの剣幕にたじろいだ相手は、素直に身元を白状し事情を説明し始めた。

不倫相手の石川美智さん(55歳)は神戸市在住。由美さんの想像通り哲也さんとは高校の同級生で、Facebookで再開して久しぶりに連絡を取るようになったという。

電話越しなので相手の顔は見えないものの、ぶりっ子のような話し方から「夫好みの可愛らしい女性なんだろう」と由美さんは想像した。メールのやり取りでも「哲也くん」と呼ばれていたため、ウソをついているとは思えない。

由美さんが詰問を続けると、実は彼女も既婚者であり現在夫とは別居中だということも発覚した。しかし「W不倫」かと思いきや、石川さんは哲也さんとの関係を明確に否定して譲らない。

SPONSORED