高梨沙羅はこうしてハメられた…疑惑の「スーツの規定違反」の真相

他国選手からも抗議の声

かつて、これほど違和感を覚えるオリンピックがあっただろうか。目につくのは疑惑の判定ばかり。それもそのはず。いまや「平和の祭典」は、政治とカネの骨がらみになってしまったのだから。

「逃げ切った人もいる」

〈皆様を深く失望させる結果となってしまった事、誠に申し訳ありませんでした。私の失格のせいで皆んなの人生を変えてしまったことは変わりようのない事実です。(中略)それ程大変なことをしてしまった事深く反省しております〉(原文ママ)

2月8日、高梨沙羅(25歳)はジャンプ混合団体で自身が失格したことを受けて、SNSに真っ黒な画面とともに謝罪文を投稿した。どれだけ彼女が思い詰めているのか、痛々しいほどに伝わってくる。

Photo by gettyimagesPhoto by gettyimages
 

高梨の失格について、「かわいそう」だけで済ますのは早計かもしれない。北京冬季五輪では、開催から幾日もしないうちに疑惑の判定が続出しているからだ。

なかには開催国の中国に対する「忖度」が感じられるケースもいくつもある。まずは、高梨に起きた悲劇を振り返ってみよう。

7日の混合団体で、日本の先陣を切った高梨は103mの大ジャンプを飛んだ。個人戦で惜しくもメダルに届かなかった悔しさを晴らすかのような大飛躍に、満面の笑みを振りまいた。

日本は3位とは大差の2位につけたと思いきや、飛躍後に行われた検査で「スーツの規定違反」が判明する。太ももまわりが規定より2cm大きかったのだ。

失格とわかると高梨は泣き崩れて、関係者に支えられながら引き上げた。メダルの有力候補だった日本だが、結果は4位に終わる。

「高梨さんの気持ちを考えると胸が張り裂けそうになります。せめて、飛ぶ前に検査をして、問題がないと確認してから飛ばせてあげてほしかったです」(登山家の野口健氏)

関連記事