2022.02.16
# ライフ

「お袋の手料理の方がウマい」30歳の夫が、あえて「モラハラ」な言動を続けた理由

「驚きの事実」を隠していた

藤田優香さん(31歳・仮名・主婦)は、ハイスペックな起業家の夫・航さんと“授かり婚”し、順調な生活を送っていました。しかし結婚2年目あたりから、夫の態度が急に冷たくなり「モラハラ」が始まりました。

やり玉に挙げられるのは、決まって優香さんが作る手料理。料理が苦手な自称「メシマズ妻」だった優香さんの料理に対して、航さんが「料理上手のおふくろをもらったオヤジは本当に幸せ者だな。お前と結婚したオレは大失敗だったよ」と言い放ったことは、【前編】『「お前との結婚は大失敗だった」料理が苦手な31歳妻に放たれた、モラハラ夫の暴言』でも伝えた通りです。

しかし子どものためにも夫婦関係を修復したい優香さんは、友人のアドバイスに従って料理教室に通い始めるのでした。

Photo by iStock
 

夫婦関係を修復しようと思ったが…

通った料理教室との相性がよかったのか、1年もたたないうちに食材や栄養の基礎知識を身につけ、料理の腕をメキメキと上げていった優香さん。相変わらず自宅で食事をとらず、毎晩深夜に帰宅する生活を続けていた夫に対し、こんな提案をしたそうです。

「『今度の週末は子どもの誕生日。手料理でお祝いしたい』と。その頃になると、たまに顔を合わせれば私に文句を言うか、あるいはその反対に私のことを無視するかの最悪の時期だったので、手料理で夫婦関係を修復できたらいいな、と思って提案したのです」

SPONSORED