2022.02.15
# 日本株 # 東証

話題の「株マンガ」に学ぶ!投資初心者こそ知りたい「心が折れない投資法」

大事なのは「最初の投資額」

知識ゼロの状態から株式投資を始め、利益を積み上げ、ついには“億り人”となった「株タレント」の杉原杏璃さんの投資術を紹介する『マンガでよくわかる株1年生~億り人 杉原杏璃と一緒に』が、わかりやすい株の入門書として話題になっている。

同書から、投資初心者こそ参考になりそうな「心が折れない投資法」を紹介する。いまのような不安定な相場と向き合う参考にしてほしい。

*記事中のリンクから『マンガでよくわかる株1年生~億り人 杉原杏璃と一緒に』の試し読みが可能です。ぜひクリックしてみてください。

投資は「少額資金」で始める

杉原杏璃さんが株と出合ったのは、芸能活動のために地元の広島県から上京して4年目のこと。

仕事がなかなか入らず、かといってオーディションがいつあるかわからないためアルバイトもできず、貯金を切り崩す生活の中で、少しでも生活費の足しになればと、少額から株式投資を始めたという。

『マンガでよくわかる株1年生~億り人 杉原杏璃と一緒に』より

そんな彼女の投資法には、いくつかポイントがある。例えば、「自分が好きでいられるジャンルの銘柄に投資する」「初心者は最大でも5銘柄に絞って投資する」など……。

そして、30万円程度くらいの「少額資金で投資する」のも大事なポイントだ。

彼女自身が実際、(ファンだった広島カープを東京で応援しようと)「東京ドーム」の株を初めて買ったときも、同程度の金額を投資したという。

杉原さんが投資初心者に「少額資金での投資」を勧めるのは、「心が折れない」ためだという。

 
SPONSORED