2022.02.16

韓国「男子フィギュア5位」で人気急上昇「元子役・アイドル顔選手」のすごい正体

男性アスリートの新たなスターへ

韓国で大人気「チャ・ジュンファン選手」

中韓の摩擦を抱えながらのオリンピックであるものの、そんな険悪な雰囲気を和らげたのが2月8日と10日に行われた男子フィギュアスケートである。言うまでもなく、日本勢は鍵山優真選手が銀メダル、宇野昌磨選手が銅メダルを獲得、メダルこそは逃したものの羽生結弦選手の「魂の演技」ともえる素晴らしい演技に加え、4回転アクセル(4A)が公式に認定された。

そして、ここ韓国でも男子フィギュアの結果に驚きと歓喜、新たなスター選手の誕生を予感させる活躍を見せたのがチャ・ジュンファン選手である。

キム・ヨナ選手以来、再びフィギュアスケートに注目が集まりそうな気配と韓国のウィンタースポーツ事情、チャ選手について伝えていきたいと思う。

チャ・ジュンファン選手 photo/gettyimages
 

今回、韓国から男子フィギュアスケートにエントリーをしたのはチャ選手を含め2名であった。チャ選手は、ショートプログラムでは99.51で4位、フリープログラムでは182.87を記録し5位に入賞した。

金メダルの米国のネイサン・チェンの圧倒的な強さは言うまでもないが、2位以下を5位まで日本と韓国が占めアジア勢の活躍が光っていた。

韓国では、ショートプログラム、フリープログラムともにSBS、KBS、MBCの3局が同時中継で放映、筆者はこのうちSBSで競技の様子を視聴していた。

フリープログラムでチャ選手は最初のジャンプでこそ転倒をしたものの、集中力を切らすことなく最後まで冷静に演技をやり遂げた。SBSの解説者はチャ選手の演技終了後、しばし沈黙し、その後、涙ながらにチャ選手を称えるコメントを伝えていたのが印象的であった。

SPONSORED