2022.03.05
# ビジネス

「雑談」ベタな人がまだ知らない、会話が盛り上がる「聞き方」のコツ

大抵の人は誤解している
松橋 良紀 プロフィール

ブロッキングせずに一言で返そう

こう問うと、セミナーでは、参加者のみなさんが口々に言います。

「え! それだけですか? 物足りなくないですか?」

Photo by iStock

あなたも、そう思ったとしたら、残念ながら聞き方のレベルは危険水域に入っています。多くの人の聞き方は、自分を出しすぎていて失敗しているのです。

おそらく、人の話を聞いているようで、自分の意見を挟み込んだり、たずねたいことだけ質問したりと、間違った聞き方になっています。

 

ですから、次のことを覚えてください。

(1) 相手が何を言いたいのかを、勝手に決めつけない。

(2) 相手が話す前に自分の意見を言わない。

(3) 相手が話したいと確定できないことを質問しない。

これら条件をクリアしようと思ったら、相手が使った言葉以外は、めったやたらと言えなくなるはずです。

あなたがカウンセラーだとして、クライアントから深刻な悩み相談を聞いています。

「夫と言い争いが絶えなくて、どうしたらいいか悩んでいるんです」

あなたは5W3Hを駆使して「いつから? どこで? 具体的に何を?」と、いろいろ聞きたくなるかもしれません。でも、最初に口から出す言葉はこれだけです。

「すごく悩まれているんですね……」

相談者の目を見つめながら一言、相手の言葉をオウム返しするだけです。あとは相談者が話すまで沈黙してください。

余計なことを言わない。

これが究極の聞き方です。

SPONSORED