2022.03.05
# ビジネス

「雑談」ベタな人がまだ知らない、会話が盛り上がる「聞き方」のコツ

大抵の人は誤解している
松橋 良紀 プロフィール

たいていの人が間違った聞き方をしている

じつは、全部不正解です(笑)。

Photo by iStock

(1)は、自分自身の意見を言っているだけ。

(2)は、話の腰を折る可能性の高い質問。

(3)は、話泥棒。

たいていの方が、この3つのどれかに当てはまるような聞き方をしています。

もっとも、相手が「そうそう、旅行客ですごく混んでた」とか「恋人と行った」という話をしたいことが明らかであれば、(1)や(2)の質問はいい聞き方と言えます。

しかし、それを話したいのかどうかはわかりようがありませんから、ここでは正解と断言できません。いずれにしろ、(3)の話泥棒は、いちばんダメな聞き方です。

 

このような聞き方を「ブロッキング」と言います。

・思い込みや先読み、自分の意見を押しつける

・自分の興味や関心から質問する

・別なことを考えながら聞く

・話の腰を折る

このような聞き方が、相手の口を重くしていくのです。

ブロッキングを外した正しい返し方はこれです。

上司「この前の日曜日に、浅草の雷門に行ってきたんだよ」

あなた「へえ、雷門に行ったんですね」

理想を言うなら、さらに簡略化したほうがいいでしょう。

「へえ、雷門に?」

はい、これだけです。いかがでしょう?

SPONSORED