2022.02.23
# 営業

「デキない営業」がバレる「3つの瞬間」…これでは売れるはずがない

人のふり見て我がふり直せ
堀口 龍介 プロフィール

人は事実より「自信」になびく

(2) 自信がない
Photo by iStock

これは商談で「思います」を連発する営業マンのことです。「〇〇様にはAプランがいいかと思います」「ご満足いただけると思います」。こんな営業マンから、商品を買いたいお客様はいません。なぜなら、自信のなさがにじみ出ているからです。

とくに高額商品の場合、人生の一部がかかった商談になるので、お客様はどこまでも迷い続けます。その迷いを断ちきるのが、営業マンの役割です。

 

例えば、すごく急いでいるときに道に迷って、通りすがりの2人組に尋ねたとしましょう。1人は「この道を真っ直ぐだと思います」と答え、もう1人は「次の角を左に曲がって突き当たりです」と答えます。

すると、本当は直進が正解だったとしても、道を尋ねた人は左に曲がります。自信満々に断言されたからです。

結局、迷っている人は、事実よりも自信になびきます。ですから営業マンも「〇〇様には絶対にAプランです。性能のいい商品ですので、ぜひご契約ください」と、しっかり言いきることが大切です。

SPONSORED