『カムカムエヴリバディ』の回転焼き屋は、京都のどこにあったのか? 京都出身者が真剣に考察する

ひとつの謎

『カムカムエヴリバディ』の第二部「るい」編の後半は、京都で「回転焼き」を売る店「大月」を営んでいる。

ここで娘の「ひなた」を育てた。

ひなたは、昭和40年生まれである。

1970年代の京都で育っていることになる。

彼女は京都のどこに住んでいるのだろうか。

「天神さん」に簡単に行けて、「カモガワ」にも簡単に行けるところのようだ。
まったく場所がわからない。

今回の朝ドラの謎のひとつである。

NHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』公式サイトより引用
 

私は昭和33年生まれで「ひなた」と七つ違いである。

1960年代から70年代にかけて、同じ京都市中で暮らしていた。

そのころ「子供から見た京都の街中」はどういう世界だったか、ということを述べてみる。

「ひなた」ちゃんと近い感覚だとおもう(深津絵里の演じる「るい」が当時のお母んに見えてくることがしばしばある)。

京都は、子供にとってはけっこう広い。

私が住んでいたのは、鴨川の五条大橋の近く、川より東方のエリアである。

市中に住む子にとって、京都だとおもっているエリアはわりと限られている。自分で見聞できるわけではないので、北は「北大路通り」が北限、それぞれ東は「東大路通り」、西は「西大路通り」が区切りだと勝手に信じていた。

子供にとっての勝手な区切りである。

関連記事