エシカル消費に繋がる“食”を中心に、実際に食べてみて、「おいしい!」「おすすめしたい!」と心から思ったエシカルフードを紹介する連載。

第3回目のテーマは有機栽培された「ドライフルーツ」。農薬や添加物などを使わず、自然のままに生産された食材を選ぶことは、生産者と食べる人にとって、化学物質による健康被害をなくせるだけではありません。農薬による環境汚染や生物を守ることにもつながるため、エシカル消費に貢献することができるのです。手軽に栄養補給ができるドライフルーツは、忙しい人にもぴったりなので、ぜひチェックしてみてくださいね。

1 「ピープルツリー」フェアトレードドライフルーツ 

「ピープルツリー」は、途上国の弱い立場の人たちの生活環境の改善と自立を支援するために、つくり手と環境に配慮して作られた商品だけを企画・販売するフェアトレード専門のブランド。取り扱う食品は、できるだけ化学的な農薬や肥料を使わないオーガニックのもので、添加物も自然由来のもののみが厳選されているんです。

-AD-

そんな「ピープルツリー」から販売されている有機マンゴーのドライフルーツをご紹介。

「ピープルツリー」フェアトレードドライフルーツ 有機マンゴーケント¥604(税込)/フェアトレードカンパニー株式会社 撮影/河井未奈

マンゴーは、西アフリカのブルキナファソで自然農法によって生産されたケント種のもの。袋を開けた瞬間からマンゴーの甘い香りに包まれます。

撮影/河井未奈

噛みしめると、マンゴーの濃厚な甘さと酸味が口に広がり、ジューシーな味わいに感動! 噛み応えがあり、1枚食べるだけでも満足感が得られるので、小腹が減った時のおやつにぴったりだと思います。

撮影/河井未奈

「ピープルツリー」がおすすめの食べ方として紹介している「ヨーグルト漬け」をやってみました! ヨーグルトと合わせて一晩冷蔵庫に入れて漬けておきます。すると、ほどよく果肉がとろけた状態になり、まるで生のマンゴーをそのまま食べているかのような新鮮な味わいに。トロッとした果肉とヨーグルトがマッチしてとってもおいしい!

その他にも、細かく刻んで、お菓子作りの材料にしたり、パンケーキなどのトッピングとして使うのも良さそう!

撮影/河井未奈
購入先はこちら!
オンラインストア▶︎https://www.peopletree.co.jp/
ショップ ▶︎ピープルツリー 自由が丘店、立川高島屋S.C.店(ともに東京)

2 「パタゴニア プロビジョンズ」オーガニック・カカオ+マンゴー・バー

アウトドア企業の「パタゴニア」に、食品を扱う「パタゴニア プロビジョンズ」があるのを知っていましたか? 環境問題の解決策となり、責任ある方法で調達された食品を購入することができます。

今回、有機栽培の食材だけを使用したオーガニックのフルーツバーを試してみました。セレクトしたのは、カカオニブとアーモンド、バナナとローザ・マンゴーが入った「オーガニック・カカオ+マンゴー・バー」。

「パタゴニア プロビジョンズ」オーガニック・カカオ+マンゴー・バー¥345(税込)/パタゴニア日本支社 カスタマーサービス TEL:0800-8887-447 撮影/河井未奈

フルーツは、いずれもリジェネラティブ・オーガニック認証済みのもので、生産者と環境に良い影響がある食材のみが採用されています。例えば、マンゴーは、ニカラグアの農園で、水を節約し、土の豊かさを守りながら収穫したもの。さらに、太陽光を利用してドライ加工をしているのだそう。地球環境を守る取り組みが背景にあるのは魅力的ですよね。

撮影/河井未奈

10cm程のバーで、袋から開けてそのまま手軽に食べることができます。全体的にカカオニブによってダークなチョコレート風味の味わいに仕上がっていて、後味にローザ・マンゴーとバナナの濃厚なフルーツのフレーバーが口に広がります。

撮影/河井未奈

粗めに砕かれたカカオニブとアーモンドによるクリスピーな食感がアクセントになって、クセになるおいしさ! 場所を選ばずどこでも食べられるサイズ感なので、アウトドアのお供としてはもちろん、軽食代わりにもなるのが嬉しいポイントです。

撮影/河井未奈

今回紹介したアイテム以外にも、マンゴー、インカベリーを使用したフルーツバーも展開されているので、お好みの味わいを見つけてみてはいかがでしょうか。

購入先はこちら!
オンラインストア▶︎https://www.patagoniaprovisions.jp/
ショップ ▶︎パタゴニア直営店