2022.02.12
# ライフ

600万円かけて1400個の『たまごっち』を集めたマニアが語る、その圧倒的魅力

中には「10万円」で購入したものも

そんな長谷川さんだが、コレクターとして本格的に収集を始めたのは大人になってからだったという。

「実は、10代の頃はコレクションしようという気はなくて、高校生になるまでに持っていた『たまごっち』も2個だけでした。高校では自分の生活も忙しくなってきて、そもそも『たまごっち』で遊ぶことも少なくなりましたね。その期間は『ポケットモンスター』のゲームが流行っていたのもあって、自分のなかから『たまごっち』は消えかけていました。

ですが、2004年にとあるお店に入ったときに、ちょうど発売された新シリーズの『たまごっち』を久しぶりに見つけて、急に懐かしさを覚えてそこにあった全種類を購入したんです。その頃はもう社会人で自由に使えるお金も多少はあったので、そこから少しずつ集めるようになりましたね」

 

世界に限定100個! 10万円の『たまごっち』

以上のような経緯でコレクター街道を走ってきた長谷川さん。ここからはそのコレクションについて聞いていきたい。

まず、長谷川さんのコレクションのなかでとりわけレアな『たまごっち』はどれなのだろう?

「音楽バンドの『L⇔R』とのコラボ『たまごっち』です。この商品は、1997年の『L⇔R』のライブに行って、そのレポートを送った人のなかから抽選で当たる限定品だったみたいなのですが、私は数年前にネットで購入しました。とはいえ、ネット上ではほぼ見かけない機種でもあったので、見つけたときは驚きましたね。しかも値段が600円とかなり低額で、その安さも込みでレアな『たまごっち』と言えますね」

ネットで購入した音楽バンド『L⇔R』コラボのレアモデル(長谷川さん提供)
SPONSORED