2022.02.20
# 日本株

カリスマ直伝…インフレ時代に「めちゃお得&高配当の株主優待銘柄10」の全実名

「10万円以下」で買える銘柄もある
まる子 プロフィール

2月の株主優待「鉄板銘柄」

最近の傾向として、株主還元を優待より配当を重視する企業も増えています。

コロナ禍が続き、外出がままならずせっかく頂いた優待券も使えずにいるならば、税金は引かれても、配当で還元してくれるほうがありがたいと思う方も多いのではないでしょうか。

2月の優待銘柄は約140銘柄と数も多く、翌月3月とこの2ヵ月は「優待祭り」状態。

鉄板のイオン(東1・8267)、クリエイト・レストランツ・ホールディングス(東1・3387)、ビックカメラ(東1・3048)、吉野家ホールディングス(東1・9861)などはすでにお持ちの方も多いと思うので、あえてそこは外し、それ以外からお勧め銘柄のご紹介です。

まずは鉄板銘柄の次にお勧めの銘柄たちです。

”ほぼ鉄板”の株主湯優待銘柄
拡大画像表示
 

たとえば、イオン系のドラッグストアのウエルシア薬局や介護事業を行っているウエルシアホールディングス(東1・3141)です。

優待券3,000円かグルメカタログ、お米5キロ、もしくはTポイント3,000ポイントがもらえます。

店舗数も多く、取扱商品も日用品から店舗によっては食品も充実。ドラッグストアと言うよりスーパーに近い品揃えのお店もあります。

SPONSORED