2022.02.11

韓国全土が「怒りに震えた夜」…北京五輪で「反中ヒートアップ」の複雑な事情

韓国与党も“乗る”しかない
田中 美蘭 プロフィール

収まらない騒動

波乱の競技から一夜が明けても、その余波はおさまるところなく、さらに激しくなっていた。

国会議員のパク・ミンジュ氏は今回の騒動について自身のTwitterで「これはオリンピックではなく、中国運動会ではないのか? 恥ずかしくないのか?」と怒りをぶちまけるかのようなつぶやきを投稿した。

パク氏が所属する与党「共に民主党」といえば親北、親中姿勢であり、ここ数年、若年層を中心に高まっている反中感情を尻目に常に中国に対しては常に波風を立てぬような対応を繰り返して来た。

李在明氏も発言 photo/gettyimages
 

つぶやきを投稿したパク氏は文在寅氏やさらに様々な疑惑で物議をかもしたチョ・グク氏と特に親しい間柄であると言われ、その与党議員から中国に向けた批判、揶揄するようなコメントが出たことは、文在寅氏が主導で行って来た親北、親中政策に与党内からも限界や反感を持つ空気が流れ始めているとも推測できる。

また、これに便乗するかのように与党大統領候補である李在明(イ・ジェミョン)氏も韓国選手が失格となった準決勝の結果について、やはり「失望と憤りを禁じえない」とFaceBookで述べ、選手たちに対しては「気落ちせずに胸を張って欲しい」とねぎらいの言葉を送った。

SPONSORED