「地方の体育館」のレベルを超えている…八戸市のスポーツ施設の「スゴすぎる実力」

家電ライター藤山の「全国照明紀行」
藤山 哲人 プロフィール

さらにはスケートリンクだけでなく、ロビーや屋外のスペースも含めて、八戸市が公共利用時に使用したり、プロ・アマ問わずスポーツチームや個人で借りることができる。その上で空いた時間は一般にも開放され、スケートや氷上スポーツの練習にも使えるのだ。

クロススポーツマーケティングの青山英治氏によれば、「FLAT HACHINOHEは氷上スポーツの場だけではない」という。

取材当時はスケートリンクになっていたが、「この上に断熱材を挟み、床を張ることで、バスケットボールやバレーボールをはじめとする様々なアリーナスポーツに対応できます。ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ通称“Bリーグ”の試合も可能です」というから驚きだ。

 

そのフレキシブルさは、スポーツだけにどどまらない。天井から重量物を吊れる仕様になっており、コンサートの開催も可能。さらに広々としたロビーは地域物産展などにも使えるほか、屋外の広大なスペースでの屋外イベントなどにも対応できるという。

 

観客席がまっくらでほとんど見えない

日本でも稀なフレキシブルなアリーナとなるためには、「プレイヤーにだけベストなこれまでの照明設備では、このFLAT HACHINOHEの空間を作れなかった」とクロススポーツマーケティングの担当者。「観客にも最高の観戦環境を提供するため、パナソニックと新たな照明設備を開発・設置し、従来の体育館の照明設備とは異なるベストな照明環境を実現した」という。

メイン照明は天井に吊るされた130のLED照明。バラバラな方向を向いているように見えるが、均一にリンクを照らすために1台1台計算されつくした方向を向いている

関連記事