2022.02.07

もう食べずにはいられない…!? 栄養満点で地球に優しい「昆虫食」の“底力”

昆虫食、その驚きのポテンシャル

「昆虫食」が世界中で大ブームになっているのをご存じでしょうか。“サソリのコロッケ”や“コオロギのマカロン”といった斬新な昆虫料理が続々と登場し、企業や研究者たちが相次いで昆虫食の研究に参入しています。

ブームのきっかけは、2013年に国連食糧農業機関(FAO)が出した報告書です。2050年には人口が90億を超えると予想、深刻な食糧不足に陥るとともに家畜生産による環境負荷が大きくなると指摘しました。そして、その解決策の一つとして昆虫食が提示されたのです。

昆虫は環境に優しい方法で飼育することが可能なことに加え、豊富なたんぱく質を作り出してくれるというありがたい生き物です。昆虫が持つ驚きのポテンシャルと、地球の未来を見据えた研究の最前線を取材しました。(サイエンスZERO取材班)

(※編集部注:本記事は昆虫の写真が出てきます。苦手な方はご注意下さい)

 

“たんぱく源”として期待される昆虫食

「昆虫食」と聞くとどんなものをイメージしますか?

地域に伝わるイナゴや蜂の子の佃煮といった伝統食がありますが、最近ではクッキーにしたものやパリパリにローストして食べやすくしたものが手軽に買えるようになっています。さらに、昆虫食レストランでは、さまざまな料理に昆虫を取り入れたメニューが考案されています。例えば、ある昆虫食レストランでは、「カイコ入りガパオライス」や「コオロギのスープ」、「スーパーワーム添えサラダ」などのメニューが人気だそうです。

昆虫食のメリットは、手軽に“たんぱく質”を摂取できることです。例えば、ガパオライスに加えられた8匹のカイコのサナギと粉末状のコオロギに含まれるたんぱく質の量は約3グラムで、ハム1枚半に相当します。

スーパーワームのサラダ/NHK提供
カイコ入りガパオライス/NHK提供

関連記事