2022.02.09

世界のスターバックス、1万6700店制覇の「アメリカ人」と3800店舗制覇の「日本人」がついに出会った!

スターバッカー達による探求「スターバッキング」

英語で「スターバッカー(Starbucker)」というスラングがある。

スターバックスコーヒー(以下スタバ)の大ファンが生み出した言葉で、世界中のありとあらゆる店舗を訪問し、それをソーシャルメディアやブログで発信している人々を指す。そしてそのような探求は「スターバッキング(Starbucking)」とも呼ばれる。

スタバ社非公式の活動だが、スターバッキングに命を燃やすスターバッカーたちは、今この時も、世界のどこかのスタバを旅している。

スタバ誕生の地アメリカには、そのスターバッカー界で知らない人はいないと言われている“ある有名な人物”がいる。ウインター(Winter)さんが、その人だ。

スターバッキングのため、この日ニューヨークを訪れたウインターさん。「昨日までマサチューセッツ、今朝はコネチカット。マンハッタンを周った後、明日はロングアイランドのスタバに行く予定」とスケジュールはびっしり
 

ウインターさんの本職は、フリーランスのソフトウェア・プログラマーだ。コロナ禍でリモートワークが主流になったため、本業の傍ら、車でさまざまな街に移動しやすくなった。スターバッキングのおかげで、(誰に文句を言われることなく)好きな旅に出る口実ができているそうだ。

彼のスターバッキングはもはや趣味の域を越えている。ライフワークとして、世界のスタバ制覇にずっと挑戦し続けている。

SPONSORED