耳かきは「やってはいけない」…じつは「認知症・がん・うつ病」のリスクになる、驚きの理由

耳を清潔に保つための耳かきが、実はかえって耳垢を溜めてしまい、それが原因で難聴から認知症に至るケースがあるという。さらに、最悪の場合は外耳道がんやうつ病も発症するリスクもあると専門医は指摘する。

なぜ、普段の「耳かき」が大病を患うまでに至ってしまうのか。前編記事の『毎日の耳掃除、その”ひと掻き”が「認知症のもと」といえる驚きのワケ』に引き続き、耳かきが病気を誘発する危険性についてをお伝えする。

脳の萎縮を進行させる

こうして引き起こされる難聴が、やがて認知症の原因となる。この因果関係は、世界でもっとも権威のある医学誌の一つである『ランセット』でも言及されている。

ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン脳科学科教授のジル・リビングストン氏が解説する。

「認知症の発症原因の中で、一番危険なものは難聴です。私は2020年に『ランセット』で発表した論文において、この事実を指摘しました。

耳かきのような、耳の内部を刺激する行為は、難聴の最大の原因となります。耳かきは認知症を招く危険な行為だと考えるべきです」

Photo by iStockPhoto by iStock
 

リビングストン氏らのグループの研究によると、認知症患者のうち、なんと全体の8%が、難聴が原因だと考えられているという。

「脳は視覚や聴覚からの刺激を受け取ることによって活性化されます。しかし、難聴に陥ると聴覚からの刺激が減少します。健聴者に比べ、軽度難聴の人は2倍、高度難聴の人は5倍も認知症の発症リスクが高まると言われているのです。

また、ジョンズ・ホプキンズ大学によると、難聴の人の脳は健聴者よりも年間で平均1立方センチメートル以上も萎縮していくという報告もされています」(リビングストン氏)

関連記事