経済安全保障の最強の武器は「技術力」-補助金・自国生産ではない

レアアース戦争の勝因を肝に銘じよ
野口 悠紀雄 プロフィール

半導体で困っているのは中国

現在、高性能半導体の供給が受けられずに困っているのは、中国だ。

中国の通信機メーカー、ファーウエイが米商務省リストに載せられたため、台湾のTSMCから高性能半導体の供給が受けられなくなったことによる。

では、中国はこの問題を解決するために台湾に侵攻して台湾を統合し、TSMCを自国企業にするだろうか?

そうした危険があることが安全保障上問題だという意見がある。つまり高性能半導体の生産が台湾に集中しており、そこが中国の脅威にさらされているというのだ。

 

しかし、TSMCのために中国が台湾に侵攻することなど、ありえない。まず、あまりにリスクが大きすぎる。しかも、そのような状況が見えたら、TSMCの技術者は外国に逃げてしまうだろう。どんな国でも喜んで迎えるに違いない。

結局のところTSMCの工場を占領したものの、だれも操業することができないことになってしまう可能性が高い。

関連記事