経済安全保障の最強の武器は「技術力」-補助金・自国生産ではない

レアアース戦争の勝因を肝に銘じよ
野口 悠紀雄 プロフィール

今、半導体に焦点が当たっているが

今回は、農産物の代わりに半導体が補助の対象になる可能性が強い。

半導体はあらゆる電化製品に使われる重要な部品だが、供給が停滞したために、世界的な不足が生じている。だから、対処が必要だという議論だ。

前回述べたように、TSMCの熊本工場誘致に多額の補助金を支出することが既に決定されている。今後は、国内の半導体生産に補助金を出すことにもなるかもしれない。これは、農産物の自給率確保と全く同じものである。

 

現在、半導体不足が世界的な問題になっていることは事実だ。

この大きな原因は、中国の半導体ファンドリーSMICから自動車用の半導体の供給を受けられなくなったことだ。

しかし、これは中国が望んで行なった輸出禁止ではない。そうではなく、アメリカ商務省がSMICをエンティティリストに載せて、取引を禁じたからだ。つまり、これはアメリカが対中制裁のために行った措置である。

関連記事