2022.02.15

ハイブリットワーク本格化!
改めて準備しておきたいサイバーセキュリティ対策セミナー

プレゼンの神・澤円氏登壇

お申込みは終了いたしました

【こんな方にお勧めのセミナーです】
・最近改めて耳にする「サイバー犯罪」の最新情報を知りたい
・身近に起きるサイバー犯罪の基礎を知っておきたい
・リモート勤務で起こりうるサイバー犯罪の実態を把握したい
・プレゼンの神と呼ばれる澤円氏の講演を聞いてみたい

21年10月の緊急事態宣言解除後、落ち着いたと思われていたコロナ禍が再び猛威を振るい始め、引き続きリモートをベースにしたハイブリッドワークが半強制的な環境となりました。

以前と比較すれば働くための環境は整いテレワークも容易にできるようになりましたが、その分気になるのがセキュリティ面です。テレワークが始まったばかりのころはセキュリティに関する意識も高く働いていましたが、慣れによるゆるみや新型のウイルス攻撃など、改めてハイブリッドワーク時代に即したサイバーセキュリティ対策が肝要です。

そこで現代ビジネスでは日本マイクロソフトで役員を務めた後、セキュリティや組織マネジメントなどのコンサルで活躍される(株)圓窓の澤様をはじめ、セキュリティに関するステークホルダーを交えたウェビナーを開催致します。本格化するハイブリッドワーク時代に求められるセキュリティの考え方や最新の対策・トレンドについて本機会をぜひご活用ください。

無料お申込みでAmazonギフト券1万円分を抽選で10名様にプレゼント

<イベント詳細>

開催日時

2022年3月29日(火)13:00~16:25@オンライン

参加費

無料

募集人数
500名様
 
申込締切

2022年3月28日(火)15:00

主催

株式会社講談社 現代ビジネス編集部

協賛

アルプス システム インテグレーション株式会社、Ivanti Software株式会社、株式会社サイバーセキュリティクラウド、BlackBerry Japan株式会社、株式会社マクニカ

■当日のプログラム

13時〜13時30分

基調講演 
あなたはすでに巻き込まれている。 〜サイバー犯罪と向き合うために必要なマインドセットとは〜

「サイバー犯罪がこの世の中に存在するのはわかっているけど、どうしても実感が湧かない」と思っている方は多いのではないでしょうか。サイバー犯罪者は何を考えどう行動するのか、そして我々はどう備えればよいのか、一緒に考える時間にしましょう。

株式会社圓窓 
代表取締役 
澤 円 氏

元・日本マイクロソフト株式会社業務執行役員。マイクロソフトテクノロジーセンターのセンター長を2020年8月まで務めた。DXやビジネスパーソンの生産性向上、サイバーセキュリティや組織マネジメントなど幅広い領域のアドバイザーやコンサルティングなどを行っている。複数の会社の顧問や大学教員の肩書を持ち、「複業」のロールモデルとしても情報発信している。

13時35分〜14時05分

講演1 
攻撃者に”狙われない”ために企業がするべき行動とは
〜2021年の攻撃検知レポートからみる新たな脅威への対策

昨今、サイバー攻撃が増加傾向にあり、その上専門知識を持たずとも誰でも「気軽に」攻撃ができるような恐ろしい世界になりつつあります。 悪意のある攻撃者から狙われないよう企業が優先すべきは「脆弱性への対策」です。 本セッションでは弊社が収集したサイバー攻撃検知レポート2021を基に、近年のサイバー攻撃動向を解説するとともに、業務負荷を抑えつつ強固なセキュリティ対策を実装する術もあわせてご紹介いたします。

株式会社サイバーセキュリティクラウド
経営企画部技術広報
中山 貴禎 氏

14時10分〜14時40分

講演2 
法改正を機にすぐ見直そう!個人情報データ保護と
ログ監視から始める最新セキュリティ

今年4月に改正個人情報保護法が施行され、漏洩時の報告義務化や罰則規定の強化が行われます。そのため、個人情報の漏洩防止策に加え、インシデントの事前検知や素早い復旧のための正確な実態把握が必要になります。本セッションでは、この機に実装しておきたい対策として、ローコストで実現する個人情報データ保護とログ監視を中心にお話します。

アルプス システム インテグレーション株式会社
セールス&マーケティング統括部 営業企画グループ
松下 綾子 

14時45分〜15時15分

講演3 
「場所にとらわれない働き方」 を実現するセキュリティ
  対策の優先順位と実現例

COVID-19によるまん延防止等重点措置が繰り返される中、各企業は何を学び、何を次に活かすのでしょうか?従来の働き方ではなく、新たな働き方への対応が認識されたのではないでしょうか。従業員に働き方の選択肢を用意し「Everywhere Workplace(場所にとらわれない働き方)」を実現するためには、数あるセキュリティ対策の中でも、優先順位をつけることが近道です。本セッションではその優先順位およびIvantiプラットフォームがどのようにお役立てできるか、その実現例をご紹介します。

Ivanti Software株式会社
カントリーマネージャー
北川 剛 氏

Ivanti Software株式会社
テクニカルセールスエンジニア
米村 雄介 氏

15時20分〜15時50分

講演4
既存アンチウイルスと同等費用?!NGAV(次世代型アンチウイルス)+運用監視サービスでセキュリティ強化と
情シス不足解消を同時に実現

新しいマルウェアは1か月に10万と発見されているのに対し、従来型アンチウイルス製品は既知のマルウェアによる攻撃しか防ぐことができません。さらに検知過多・フルスキャン運用・サーバーメンテナンスによる運用負荷を限られた人材で解消し、セキュリティ強化を実現することも急務となっています。本セミナーでは、セキュリティプロフェッショナルの運用監視サービスによる情シス不足解消や従来型アンチウイルス置き換えによるセキュリティ強化の実現、導入効果についてご紹介します。

株式会社マクニカ ネットワークスカンパニー
第2営業統括部第5営業部第1課
川崎 瑞季 氏

15時55分〜16時25分

講演5
加速する「未検出」ランサムウェアと警報が見落とされる重大な理由~AIとMDRによる予想防御の効果とは
令和3年9月9日発表の警視庁資料によると2021年下半期、ランサムウェア被害は3倍に拡大。被害者の77%は未検出であり、発見しても56%が検出を見過ごしています。変異するランサムウェアとEDRの運用問題を解決するAIによる予測検知+MDRによる解決方法をご紹介します。

BlackBerry Japan株式会社
SPARK事業本部セールスエンジニア本部
ディレクター
井上 高範 氏

無料お申込みでAmazonギフト券1万円分を抽選で10名様にプレゼント

【ウェビナーの参加について】
お申込みいただいた皆様には開催前日までにご登録のメールアドレス宛に視聴ページのURLをお送りさせていただきます。
メールの案内に従って記載のお時間までに視聴ページにお越しください。
▼ウェビナーにはV-CUBE セミナー配信システムを利用します。
下記サイトにて視聴動作環境のご確認をお願いします。
視聴動画環境のご確認
※V-CUBEは、株式会社ブイキューブにおける登録商標または商標です。

【禁止・注意事項】
・視聴ページのURLを第三者に提供することは禁止いたします。
・ご視聴URLはお一人までしか視聴できませんので、ご注意ください。
・ウェビナーの録音・録画・撮影は禁止です。
・登壇者、および他の参加者への中傷、脅迫、いやがらせに該当する行為はおやめください。
・上記禁止事項が認められた場合、今後のセミナー等へのご参加をお断りする場合がございますのでご了承ください。
・通信費用はお客さまのご負担となりますので、Wi-Fi環境での接続を推奨しております。
・セミナーではご紹介する商品等の勧誘を行なうことがあります。
・プログラムは予告なく変更となる場合がございます。その際はご了承ください。

【お問い合わせ】
株式会社講談社 セミナー運営事務局
電話番号    03-5395-3642
メールアドレス    gendaibusiness_seminar@kodansha.co.jp

【協賛】アルプス システム インテグレーション株式会社、Ivanti Software株式会社、株式会社サイバーセキュリティクラウド、BlackBerry Japan株式会社、株式会社マクニカ

※AmazonはAmazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。