2022.02.05

韓国・文在寅を「3流政治」とこきおろした大手新聞の「すごい中身」

国民は文在寅に騙された、とも

韓国主要紙が「韓国大統領制への疑問」を提起した

韓国の大統領制には致命的な欠陥がある。

韓国に駐在経験のある元大使が言うべきことではないが、韓国の主要紙・中央日報は、李夏慶(イ・ハギョン)主筆・副社長の直筆で、韓国大統領制に対する重大な疑問を提起しているので、これをもとに考えて見たい。

韓国の大統領にはチェック・アンド・バランスが効いていない。このため大統領の行動は独善的になりやすい。

韓国の急速な発展の初期には、強い権力で国を引っ張っていくというメリットがあった。しかし、現在の韓国にとっては弊害のほうが大きいだろう。

韓国で「大統領制」への疑問が浮上 photo/gettyimages
 

発展の初期には、朴正熙(パク・チョンヒ)大統領のような軍人出身政権が絶対的な権力を握っていた。そして朴大統領は、終身大統領として君臨しようとして独裁政権を作り上げた。

しかし、朴大統領が暗殺されたとき、その子弟(朴槿恵(パククネ)前大統領とその兄弟)にはほとんど財産が残されていなかったという。歴代大統領の中でも最もクリーンなのが朴正煕大統領ではないだろうか。

左翼系の人は皮肉って、朴大統領は終身大統領でいるつもりだから財産は必要なかったというが、現在の世界の絶対的指導者を見れば、いかに違うか一目瞭然だろう。

SPONSORED