2022.02.07

安倍晋三がほくそ笑む…「アベノマスク」大復活で、岸田総理への逆襲がはじまった

ドヤ顔の元首相

世間の笑いものから大復活

「岸田さんはね、相当強く言わないと分かんないんだよなぁ」

1月最後の週末、安倍晋三元総理はある自民党議員にそう語った。眉尻を下げ、困ったような表情を浮かべてはいたが、口調は「ご満悦」だった。

岸田文雄総理に人事案も助言も無視され、歯ぎしりしていた安倍氏が反転攻勢に出た。昨年末、総理が「廃棄する」と冷たく言い放った「アベノマスク」の余剰在庫約8000万枚は、厚労省を動員して無料で配ることになり、希望者が殺到。世間の笑いものから、大逆転の復活劇となった。

Photo by gettyimagesPhoto by gettyimages
 

「1月27日の安倍派の会合では、『私がマスクの通称を言うと、またそこだけ切り取られて報道されますから、名前はあえて言いませんけれど、希望が2億枚を突破しました』とドヤ顔で言っていました」(安倍派中堅議員)

さらに2月1日には、佐渡金山の世界遺産推薦が閣議了解された。安倍氏は「岸田さんから電話をもらって、私が説得したんだ」と吹聴している。

関連記事