福田萌さんは、現在、8歳の女の子と5歳の男の子を育てている。夫はオリエンタルラジオの中田敦彦さん。現在はシンガポールに拠点を移し、連載では日々の様子や子どもたちの学校生活の様子を綴っていただいています。

今回は、年末年始に日本に一時帰国した福田さんが再認識した「日本の素晴らしさ」の数々と、それでもシンガポールに住む理由について綴っていただきました。

シンガポールでの子育ての様子など、福田さんのこれまでの連載を読む

一時帰国を経て、戻ってきたシンガポールの日常

年末年始に日本に一時帰国をした。コロナ禍で日本での隔離期間14日間(当時。現在の入国後隔離は10日間)を含めると1ヶ月強の日本への滞在となった。

年中夏のシンガポールから、真冬の日本への帰国。しかも隔離は雪の降り積もる岩手県。約30℃の気温差に体がびっくりして、体調を崩してしまうのでは? と心配をしていた。しかし実際は、久しぶりの日本が嬉しすぎて、体調を崩している場合ではない!と気合が入り、家族全員体調を崩すことなく最後まで過ごすことができた。

夫が今回の帰国で茶道に目覚め、初めてお茶を立ててくれました。提供/福田萌
-AD-

その後、シンガポールに入国し、自宅での7日間の隔離となった。買い物などは自由にできないけれど、勝手知ったる自宅で、ネットスーパーを駆使して比較的困難なく過ごすことができた。日本では元気いっぱいだった分、自宅に着いた途端ドッと疲れが襲ってきて、隔離期間中は何もする気が起きず、寝てばかりで過ごした。

思えば日本での私は、マリオのスター状態のように、普段以上にパワーを使って過ごしていたのかもしれない。隔離最終日直前にPCR検査を受けて陰性が出たので、無事に解放され、子供たちの学校が再開、ようやくシンガポールでの日常が戻ってきた。