2022.02.04
# 東大

「東大理三」志望生が感じるプレッシャーの正体…“東大前切りつけ事件”を現役生はどう見たか?

大学入試共通テスト当日に、東大前で17歳の少年が受験生を含む三人を切りつけた事件。

少年は犯行の動機を、東大理三を志望しており「医者になるため東大を目指していたが、一年くらい前から成績が上がらず自信をなくした。自殺する前に人を殺して罪悪感を背負って切腹しようと考えるようになった」と供述したと報道されている。

なんとも痛ましい事件だが、今回の事件を東大理三から医学部医学科に進学した現役の学生はどう見たのかを取材した。

東大赤門/photo by iStock
 

冷静に受け止めている現役生

現役大学3年生のAさんやその周囲は、あまり関心を持っていないようだ。

「正直、僕の周りではそれほど話題になっていません。医学部進学率も高い進学校という環境で『道が一本しかない』と錯覚してしまったんでしょうか。そうだとしたら、残念ですよね。

僕が言うと『受かったから言えるんだ』と思われるかもしれませんが、東大だけが大学ではないし、さらに言うと医学部だけが進むべき道でもない。まだ高2ですから、成績が上がるチャンスはいくらでもあったはず。今持っているもののすべてを失ったという意味でも、もったいないと思ってしまいます」

と冷静に受け止めているようだ。

SPONSORED