「たったこれだけで伝わるの?」と思ってしまう超シンプルな英会話を提案している、オンライン英会話スクール講師・mamiさんのFRaU web連載「シンプルなのに伝わる英会話レッスン」(毎週金曜更新)。

今回は、外国人の知り合いと楽しい時間を一緒に過ごして、いざお別れするタイミングになったときに使えるフレーズをご紹介。日本でも相手やシチュエーションによって使う言葉が違うように、英語でも微妙な違いがあるので解説していきます。

今までの英会話レッスンはこちら▶︎

-AD-

★mami流・英語を話すときの心得★
「間違えないように言わなきゃ」と気負う必要は全くありません。一番大事なのは「相手に伝えること」。カタコト英語でも問題ナシ! 「英語がしゃべれないから……」と、困っている外国人を見て見ぬふりせず、積極的に話してみましょう。

シーンや相手によって使い分け「別れの挨拶」

「さようなら」「じゃあ、またね」など、別れ際の挨拶は日本語でもさまざまありますが、英語でもシチュエーションや相手によって、フレーズを使い分ける必要があります。今回は日常会話で使える別れ際の挨拶をいくつか紹介していきます。

【1】 Bye. 「さようなら」

【解説】別れ際に使う最も一般的なフレーズです。丁寧に言いたいときは「Good bye.」と言いましょう。「Bye」=「バイバイ」というイメージがある方が多いかもしれませんが、「Bye」は「バイバイ」のように友達同士で使うカジュアルな場だけでなく、ビジネスシーンや接客時などにも使われます

【2】 See ya. 「またね」

【解説】「See you.」を省略した言い方です。くだけた印象になるので、親しい人との挨拶などに使いましょう。「you」はカジュアルな表現では、「ya」と省略されて使われることがあります。「How are ya?(元気?)」など、いろいろな会話に出てくるので覚えておきましょう。

【3】 Take care. 「気をつけて」

【解説】これは「Bye」などのフレーズと一緒に使われることが多いです。別れ際の決まり文句として、ネイティブもよく使います。相手にこのように言われたら、「You too, Bye.(あなたもね、さようなら)」のように返しましょう。状況に合ったフレーズを使い分けられるよう練習しておくといいですね。

今週はここまで。mamiさん監修「シンプルなのに伝わる英会話レッスン」は毎週金曜日に更新!

\使えるフレーズを日々アップ/
Instagram「超絶シンプル英会話」▶

英語を話すために知っておきたい いらない英文法』(KADOKAWA)
mamiさんの3冊目となる最新著書では、英語を話すために実は「いらない」英文法を紹介。疑問文、過去完了、to不定詞など、英会話に必要な英文法を必死に覚えるのではなく、まずは“捨ててみる”と英語が不思議と話しやすくなる。そんな裏技を紹介している英語本です。