いわゆる「美術」の外にいて、創作し続ける人がいます。時に断絶された世界で、誰かの、何かのためでなく、沸き立つ表現。魂が溢れ出るような心を揺さぶる作品と、その作り手たちを訪ねました。今回のスポットは、「みずのき美術館」です。

アウトサイダー・アートって?
既存のアートに対し「アウトサイド」とされる、美術教育を受けていない人による、独自の芸術活動のこと。障がいや生きづらさを抱える人の作品でも知られるが、身近な日常で、刑務所で、あるいはどこかで人知れず、様々な表現が生まれている。独創的で自由で、これこそ創作の真髄と感じられるような、魂を燃やす作品と出会って欲しい。

Sadanobu Futai
二井貞信

戦時中、出征した際の精神的なショックと、マラリアの感染症が重なり、40代後半で脳に障がいを抱えて入所。穏やかな日常生活を送るなかで絵画活動と出会うと、独自の才能を発揮していく。描き始めた当初の弱々しかった線は、色とりどりの華やかな画面へと変わっていった。画用紙いっぱいにクレヨンを塗りつぶして描かれた木は、枝や葉や幹の色を変えて塗り分けられている。

このように身近にある木や石を色彩分割した作品が多いのは、施設の絵画教室で色の組み合わせを練習した影響のようだ。部分を描いた木は、当時のアトリエの2階の窓から見える風景を切り取ったのではないかと推測される。1978年没。スイスの〈アール・ブリュット・コレクション〉に作品5点が収蔵されている。

-AD-

Itsuo Ozasa
小笹逸男

「みずのき絵画教室」が始まった当初から作品を描いていた。施設で飼う犬の世話を率先して引き受けるほどの生き物好きで絵でも主なモチーフとするが、尖った顎と細い目をした動物の顔は、本人にもそっくり。

蛙が四方から顔を出したり、狐が画面の下から覗いたり、猫のお尻だけが端から出ていたり、かたちや構図、空間の取り方もユニーク。自身にも芸術家としての認識があったのか、絵画教室の講師を真似てベレー帽を被っていたという。

晩年に筆をおいてからは、抽象的な文字のようなものを描いてみせたり、味のある振る舞いを最期まで失うことなく、様々な画材を器用に使い分け、小作から巨大なキャンバスに描いたものまで1700の作品を残している。2012年没。

みずのき美術館

2012年に開館。障害者支援施設〈みずのき〉で1964年に始まった「みずのき絵画教室」で制作された2万点を超える作品を所蔵、企画展などを開催している。2000年までは、日本画家の西垣籌一が絵画を指導していた。所蔵作品の保存・研究・公開、アール・ブリュットの考察、アートプロジェクトの実践を3本の柱に運営している。
京都府亀岡市北町18
www.mizunoki-museum.org


●情報は、FRaU2022年1月号発売時点のものです。
Text & Edit:Asuka Ochi

「FRaU×SDGsプロジェクト」の
会員になりませんか?【登録受付中】

2030年のゴールに向けて多くの方に「SDGs」を知ってもらい、“ご自身にできることを見つけてほしい”“アクションにつなげてほしい”そんな願いからスタートした「FRaU×SDGsプロジェクト」。

このプロジェクトの会員の皆さまには、SDGsにまつわるさまざまな情報、今後開催予定のイベント告知、FRaU誌面やFRaUwebの企画参加のご案内などをお送りしています。FRaU主催のイベントに優先的にご参加いただくことができたり、サステナブルグッズの会員限定プレゼント企画に応募できたり、さまざまな特典もご用意。(※新型コロナ感染拡大の影響で、現在はオフラインイベントは開催を見合わせておりますが、オンラインイベントを予定しています)

さらにメールマガジン登録された方には、最新トピックス満載のメールマガジンを毎週配信。イベント告知などはイチ早くお届けします。年齢、性別などの条件はなく、登録も無料。ご興味のある方は、会員登録ページよりご登録をお願いします。

SDGs会員について詳しく知りたい方はこちら▼
https://gendai.ismedia.jp/list/special/frau_sdgs