2022.01.29

「男のことばかり考えて、いやらしい」母親から「女性性」を否定され続けた26歳女性の苦悩

これまで交際してきた男性が、ことごとく浮気性だったり暴力をふるったりする人だったという冬香さん(来所時26歳、仮名)。行政書士/公認心理師である著者の佐藤千恵さんの元を訪れました。

【前編】「「お前よりお姉ちゃんのほうが可愛い」、ダメ男と付き合ってしまう26歳女性に「母親がかけていた呪い」」では、幼い頃、母親が冬香さんの1歳年上の姉ばかりを可愛がり、冬香さんを拒絶するようなふるまいをしていたことをお伝えしましたが、そのふるまいは年齢を重ねるにしたがって、さらに強烈になっていきます。

〔PHOTO〕iStock

女の子らしい恰好を拒否する母親

幼い頃は姉のほうが身長が高かったのですが、姉は身体が小さく、小学校入学の頃には冬香さんのほうが身長が高くなりました。そしてこの頃から気になっていたのは、母親は姉にはスカートやピンクなど女の子らしい服を買い与えるのに、なぜか冬香さんにはそういう、いわゆる“女の子らしい”洋服を買ってくれなかったことです。それはまるで母親が、冬香さんが女の子らしい恰好をすることを拒否しているようでした。

 

小学生の頃、ワンピースを着た姉を見て、

「可愛い、この服は小さい子が着ると似合うわ」

などとあえて冬香さんの前で言い、姉も冬香さんへの優越感を抱いているような表情をしていた記憶があるといいます。冬香さんはこの時、姉より背が高い自分を否定されたようで小さく傷つきました。

関連記事