2022.03.11
# 節約

コロナ経済、じつは「プレミアム付商品券」より「キャッシュレス還元」が”最強”なワケ

鈴木 貴博 プロフィール

プレミアム商品券は「地元」にとってお得なのか

私は今回の取組みを評価する意味で、買い物をする際にお店の人に積極的に話しかけるようにしています。このプレミアム商品券を持ってレジに行くとよくある反応は

「その券はお得らしいですね」

というもので、

「知っていたら私も買いたかった」

という人が結構多いのが特徴です。

 

実は昨年10月にプレミアム商品券が発行されるというニュースを最初に教えてくれたのは母でした。何かの手続きがあって地域センターに出向いた待合室でポスターを目にしたというのです。

この情報は新宿区報でも告知されているのですが、区報を隅々まで読んでいる人は少数派でしょう。

そのような経緯で存在を知ったので、さっそく私と家内で応募したところ、ふたりとも当選はがきが届きました。その後で二次募集をしていたことを考えると、最初の募集で応募すればかなり高い確率で(ほぼ全員?)当選したのではないでしょうか。

情報を知ったひとが得をしたという傾向があったように思えます。

それで当選はがきを持って郵便局で1万円を支払うと500円の商品券が12500円分で一冊になっている商品券の冊子と交換できます。それを切り離して、財布にいれて使うのです。

SPONSORED