2022.03.11
# 節約

コロナ経済、じつは「プレミアム付商品券」より「キャッシュレス還元」が”最強”なワケ

鈴木 貴博 プロフィール

まず、そもそも中野区も含めたこの3つのキャンペーン、どれがお得か一見してもわかりにくいかもしれません。それぞれお得度合いが違っていますので、お得順に並べてみるとこうなります。

1. 中野区キャッシュレス(30%引)
2. 新宿区キャッシュレス(25%引)
3. 新宿区プレミアム商品券(20%引)

中野区が一番お得なのはすぐにわかりますが、新宿区は2つのキャンペーンはどちらも似た割引に一見みえます。しかし計算してみるとキャッシュレスは25%引、商品券は20%引とお得さは違います。

お得に地域に貢献できるのが、自治体の商品券やキャッシュレス割引サービス Photo/gettyimages
 

「ふるさと納税」と同じ

さて、周囲の限られた知人・友人・家族の範囲内ではありますが、この話をしてみたところ、反応は、大きくふたつありました。

「知らなかった。教えてくれてありがとう」
「キャッシュレスで割引ってなんか怖いね」

つまり思ったより知られていないということと、商品券ならばいいのだけどキャッシュレスだとなぜ割引になるのか逆に不審な気がするという反応です。

世の中には「ただより怖いものはない」という格言通り、無料のビジネスモデルには注意をすべき場合が多いことも事実ですが、今、全国の自治体で行われている同様のキャンペーンは自治体の予算で行われる地域振興の政策プログラムです。

ふるさと納税と同じで、そこまで注意深く疑う必要はないでしょう。なぜならば、わたしたちが納税した税金がその原資だからです。

SPONSORED