2022.03.11
# 節約

コロナ経済、じつは「プレミアム付商品券」より「キャッシュレス還元」が”最強”なワケ

コロナ禍で大きなダメージを受けた地域経済の活性化策として、最近、注目されているのが「プレミアム付商品券」と「キャッシュレスでキャッシュバック」です。

では、この二つのうち、どちらが地域住民によく使われて、経済効果が高いのか、皆さんは気になりませんか。

実は、街角経済評論家の私が調査したところ、実に興味深い結果が出たのです。

私自身が地元を歩いて調査した結果をレポートします。

自治体の地域振興策は、何を選ぶとお得なのかPhoto/gettyimages
 

「プレミアム付商品券」か「キャッシュレス還元」か

デルタ株が収束してコロナが落ち着いていた2021年の秋から冬にかけて、各自治体で消費喚起のためのキャンペーンが実施されました。私の地元、東京都新宿区では区民全体に向けた2つの消費喚起の取組みが行われました。

ひとつは、プレミアム付商品券の販売(区内で使える12,500円相当分の商品券が10,000円で購入できる。2021年10月20日~2022年2月28日)。もうひとつは、キャッシュレスで最大25%が戻ってくるキャンペーン(2022年1月7日から25日まで実施)です。

ちなみにすぐお隣の中野区では12月同様にPayPayで30%が戻ってくるキャンペーンを実施しました。どのキャンペーンも消費者にとっては結構お得なキャンペーンです。

その経済効果はどうだったのかを考えてみたいと思います。

SPONSORED