フォーリンラブ・バービーさんのFRaUweb連載「本音の置き場所」(毎月1回更新)では、芸人として、ひとりの女性としてバービーさんが日頃抱えている疑問やモヤモヤと向き合い、本音を綴っていただいています。今回は、バービーさんが2021年に相次いだ芸能人同士の結婚に喜びを感じながらも、芸能人がひとりの“人”として自分の幸せを考えることができる時代になってきていると感じた話について綴っていただきました。

バービー連載10回までが1冊になった初のエッセイ集『本音の置き場所』はこちら

-AD-

昨年から年末年始の結婚ラッシュ

昨年から年末年始にかけて、日本人だったら誰もが知っているであろう人気者同士の結婚が相次いだ。特に、2021年11月15日に菅田将暉さんと小松菜奈さんの結婚が発表されたときは、お会いしたことがないのに、その週末のラジオでお二人の結婚がいかに嬉しいのかを語ってしまった。お二人だけじゃなく、その後もハッピーなニュースが続々と流れている。

結婚・不倫・離婚。有名人、特に俳優やアーティストのプライベートの話はわざわざ報道しなくたっていいと常々思っている。それは作品の世界観に影響が出ることもあるからだ。だからこそ、芸能人本人はプライベートの公開も細心の気を払うだろう。全く私生活を見せないようにしている方は多くいる。

と、偉そうなことを言ってみる私だが、ここまでは建前。本当は「新しい家族ができました」というペットのお披露目、「Uber Eatsでハマっているもの公開」など、どうでもいいネットニュースでも、ついついクリックしてしまうほど芸能ニュースが大好きで、ネットニュースや報道の前には、品行方正ではいられない。

写真提供/バービー

それに、勝手に名前と顔を知っている人の幸せな報告はやっぱり嬉しい。ここは、一視聴者としてひとこと言わせてほしい。昨今の結婚ラッシュ……。「この人とあの人、結婚したってよ」とまだ報道を知らない人みんなの肩を叩いて教えたいくらい嬉しかった。気分はまるで初めて会った人とでも一瞬で仲良くなれるW杯中の渋谷・スクランブル交差点だ。

改めて言うが、菅田さんと小松さんはじめ、みなさん友達でもなければ、会ったこともない人がほとんど。遠い遠い同業者というだけだ。秘話を知っているわけじゃないのに、嬉しくてベラベラ喋りたい。今なら、週刊誌に出てくる謎の「関係者」の気持ちがわかる。

これほどまでに嬉しいのは、「結婚」というものが素晴しいからという理由ではない。関係性を貫くのには、大変な苦悩があったことだろう。だから、それを乗り越え、本人たちの希望が叶ったのだなと想像すると泣けてくるのだ。想像する分には、タダ。脳内では、すでに本人出演で再現VTRが流れている。

ついに芸能界にも新しい時代が来た! これらは、ただのおめでたい話題ではない! 歴史が動いた瞬間だ、とすら感じた。芸能人が人として、真っ当に自分の幸せを考えることが当然な時代へと移る、象徴的な出来事になりそうだ

では、それまではどうだったのか? 謎の「芸能関係者B」として、信憑性の薄い主観で語らせてほしい。

写真提供/バービー