「少ない金額で大きな投資成果が得られる」…「レバレッジファンド」の特徴と“意外な注意点”

上昇相場が続くと、こう思いませんか?

「もっと投資しておけばよかった」と。

こうした気持ちは投資家なら誰しも頭をよぎることと思います。そんなことを考えても現実的ではありませんし、実際に上昇相場がいつから始まっていつまで続くのかを的中することは運任せなのですが…。

さて、今回のテーマは「レバレッジファンド」。相場の動きによって大きな利益が得られる可能性がある一方、大きな損失を被る可能性もある商品です。そして、実は狙っていた方向に相場が動いたとしても想定していた利益を得られない可能性がある商品でもあり、十分に理解して投資する必要があります。

そこで、本記事ではそもそもレバレッジファンドとは何なのか、その仕組みを分かりやすく解説することで、リスクをしっかりとご理解いただきます。その上で、活用方法についてもご案内したいと思います。

 

レバレッジファンドとは?

レバレッジファンド(レバレッジ型ファンド)とは、インデックスファンドと同様、日経平均株価のような参照指数と連動を目指すファンドです。

ただし、インデックスファンドとは連動の仕方が異なり、レバレッジファンドは参照指数の値動きに一定の倍率(レバレッジ倍率)を掛けた値動きとの連動を目指します。例えば、参照指数が3%上昇すると、レバレッジ2倍なら6%上昇、レバレッジ3倍なら9%上昇するといったような値動きです。

[PHOTO]iStock

また、レバレッジファンドには対になるファンドがあり、それを「インバース型ファンド」といいます。インバース型ファンドは、参照指数の値動きに対して反対の値動き、あるいはさらにレバレッジ倍率を掛けた値動きになることを目指します。例えば、参照指数が3%上昇したら、レバレッジ1倍のインバース型なら3%下落、レバレッジ2倍のインバース型なら6%下落といった値動きです。

「レバレッジ型・インバース型ファンド」は「ブル型・ベア型ファンド」とも呼ばれています。これらのファンドは上記のような特徴を持つことから、市場の値動きに対してより大きなリターンを狙うことが可能なハイリスク・ハイリターンのファンドである(ただし、レバレッジ1倍のインバース型ファンドを除く)ことを覚えておきましょう。

SPONSORED