日本「兵器開発」の大失敗…巨額投入した「レールガン」やっぱり実用化はムリだった

時代遅れの兵器

「野党に追及されたら言い訳できませんよ。『ミサイルと違って火薬を使わず、二酸化炭素が出ないSDGsに配慮した兵器です』とでも言うしかないんじゃないか」

防衛省幹部が自嘲する。

防衛省の来年度予算案に、レールガンの開発費用65億円が盛り込まれた。漢字では「超電磁砲」とも書かれ、SF小説やアニメにも登場する「未来兵器」だ。

金属製のレールの間に同じく金属の弾を置き、レールに高電圧をかけると、電磁力によって弾が射出されるという原理である。弾速は最速でマッハ7(時速約8600km)に達する。

防衛省「防衛装備庁公式チャンネル」より引用防衛省「防衛装備庁公式チャンネル」より引用
 

北朝鮮が毎日のように弾道ミサイルを撃つ中、岸信夫防衛相は「ミサイル防衛に活用できる」と前のめり。政府与党内にも賛成の声が多い。

だが防衛省・自衛隊の現場からは「実用に堪えないオモチャだ」「国民に説明がつかない」と批判が噴出している。

関連記事