中国がアメリカを抜いて「経済で世界一」になる前に、日本が採るべき路線

経済はアジア、政治はアメリカ
羽場 久美子 プロフィール

「価値の同盟」の根幹は3つ、(1)QUAD(クアド)、 (2)AUKUS(オーカス)、(3)ファイブ・アイズ(5つの眼)という諜報網だ。

ヨーロッパは、長年、メルケルという東ドイツの物理学者の女性をリーダーとすることにより、社会主義対資本主義という思想的分断やロシアの封じ込めを極力避け、旧社会主義体制と西欧諸国との調整役に徹してきた。またEUの経済的強化に向け、新中国政策を図ってきた。 

2021年12月に政界から引退したドイツのメルケル前首相[Photo by gettyimages]
 

イギリスのEU離脱後、グローバル・ブリテンとしてアジア進出を拡大してきたイギリスに対して、欧州最大の軍事大国フランスも、影響力を拡大すべくアジア太平洋に乗り出している。

 
 
世界の軍事力ランキング(2022)【Global Fire Power, Power Index(PwrIndx)スコア、https://www.globalfirepower.com/countries-listing.phpより、0に近いほど軍事能力が高い。また軍事費はhttps://www.globalnote.jp/post-3871.htmlより】※米は他に比類ない圧倒的軍事力を持ち、アメリカの圧力により日本・韓国・台湾が急速に軍事力を拡大している
拡大画像表示

関連記事