2022.01.23
# 学校・教育

ママ友から学年中に息子の「悪い噂」をバラまかれ…38歳主婦が絶句した壮絶トラブル

子どもが小学校に通い始めると、子どもの人間関係から、保護者同士のトラブルが起きることがあります。こうしたトラブルにはどのように対処すればいいのでしょうか。認定子育てアドバイザーである長島ともこさんが解説します。

「子どもの登下校をめぐって、まさかあんなにつらい思いをするとは思いませんでした。子どもに対して必要以上に口うるさくなり、帰宅時間が近づくたび、毎日『今日は大丈夫かな…』と、心臓の鼓動が激しくなるほどで。一時期精神状態が不安定になってしまいました」

と語るのは、北野香織さん(38歳・仮名〔以下同〕・専業主婦)。お子さんの勇太くんが小学校1年生のとき、同じクラスの子と集団下校していましたが、子ども同士のちょっとしたトラブルをきっかけに、親同士のトラブルに発展。「結果的にうちの子が悪者扱いされ、その結果、私が子どもにもつらくあたることになってしまいました」と振り返ります。

〔PHOTO〕iStock
 

「お宅のお子さんがうちの子にちょっかいだしている」

子どもが小学校に上がると、集団登下校で学校に通うケースが多いもの。

集団登下校のルールは学校や地域により異なりますが、、グループで行動することで安全面にメリットがあるいっぽうで、子ども同士のトラブルが発生しやすいという側面もあります。香織さんが振り返ります。

「当時、息子は1年生。朝の登校はいろいろな学年の子たちと大人数で行くので問題なかったのですが、1年生だけで帰る下校時が“鬼門”でした。息子の下校グループは、息子とA子ちゃんの2人だけだったんです。

本来ならあと3人、いっしょのグループの子がいたのですが、みんな学童クラブに所属していて、授業が終わるとそのまま学童に行ってしまうのです。息子はやんちゃで活発なタイプ。A子ちゃん親子とは入学して初めて知り合いましたが、A子ちゃんも、A子ちゃんのママ(=浩子さん・専業主婦)もおとなしそうなタイプでした。

コロナでクラスの保護者が集まる懇親会は中止、新学期に行われた登下校班の顔合わせも短縮化され、親同士の交流があまりないままのスタートだったこともあり、浩子さんとはLINEと携帯電話番号を交換し合っただけでした。『なにかもめごとが起こらないといいんだけど…』と、一抹の不安は感じていました」

関連記事