2022.01.23

「クレーマーママ友」に我が子が監視され…38歳主婦が経験した「保護者トラブル」

長島 ともこ プロフィール

「後から知ったのですが…」と、香織さんは続けます。

「浩子さんは、隣町の幼稚園にA子ちゃんを通わせていたそうですが、とても心配性で、ちょっとしたことで保護者や園に連絡してくる “クレームママ”だったそうです。娘さんが小学生になって一人でいろいろなことができるようになる様子をみて、さすがにこれまでの心配を少しずつゆるめていかなきゃと思っているのかもね、と、ママ友と話しました。先は長い小学校生活。これからまたいろいろな事件やトラブルが起こるかもしれませんが、一人で抱え込まないよう気をつけようと思っています」

 

登下校時のトラブルは期間限定

子どもが保育園や幼稚園に通っていた頃は、保護者も毎日のように送迎で顔を合わせ、連絡帳には園での様子が書かれていたものです。

しかし小学生になると、登下校は親の手から離れ、子ども同士のやりとりが増えるようになります。また、多様な家庭が集まるため親も子も手探りしながら関わることになるのに加え、子ども同士のトラブルが起こっても親同士の面識がない、学校に足を運ぶ機会がないため先生とすぐに会うことはなかなかできず、まずは電話でしか話せないなど、解決に時間や労力を要することが多くなるものです。

今回の香織さんのケースは、紆余曲折を経て解決に向かいましたが、香織さんと浩子さんが最初にもう少し交流がもてていたら、事態はここまでややこしくならなかったのかもしれません。

関連記事