2022.01.28
# AD special

事故にあわないようにしてくれる保険?イーデザイン損保が提案する自動車保険の「まったく新しい選択肢」

万一の時もスムーズな事故対応をサポートする仕組み

「Tripレポート」や「運転テーマ」によって、運転時の安全への意識が高まったとしても、不幸にも事故にあってしまうケースは存在する。だが、「&e」はセンサーとアプリが連動していることで、万が一の事故時もユーザーの負担が軽減される仕組みが整えられている。

特に特徴的なのが、事故時の状況を把握することができるクラッシュレポートだ。

「お客さまにお送りするIoTセンサーにより、事故の前後数秒間の様子、速度や衝撃、損傷位置を再現できるため、事故発生時の状況をしっかりと把握できます。お客さまの中には事故時にパニックになってしまい、事故の状況を伝えることが難しい方もいらっしゃいますが、そうしたお客さまの負担も軽減できると考えています。」(安藤氏)

既にドライブレコーダーを装着しているユーザーも多いと思うが、事故時の衝撃度合いまで再現することはできない。だが、「&e」ではセンサーが検知した情報をドラレコが録画した画像データと合わせることで、より事故の様子を鮮明に把握することができる。これは他社にはない大きな魅力になると言えそうだ。

気になる保険料については

ただ、これだけ手厚いサービスが充実していると、保険料が高くなるのではないか、と心配になるかもしれないが、どうだろう。

「このようにサービスを充実させておりますので、ダイレクト自動車保険で最安値とは言えないかもしれませんが、中身を含めれば充分納得していただけると確信しています。」(安藤氏)

従来のダイレクト自動車保険と大きく変わらない価格帯にもかかわらず、事故にあわないためのサービスが充実しており、トータルで見れば充分コストパフォーマンスはいいと言えるだろう。なにより安全な自動車ライフが手に入るのなら、選ぶ価値は充分にある。

「事故のない世界」実現に向けて、「&e」のこれから

安藤氏は最後にこう語ってくれた。

「今回『&e』の立ち上がりによって、「事故のない世界」の実現に一歩踏み出せたと思っています。しかしこれで満足はしていません。『&e』はフルクラウド型保険システムを採用することで、サービス全体が改良をし続け、常に最新の保険サービスをお客さまにご提供することが可能になりました。これからもお客さまの声に耳を傾けながら、お客さまの真のニーズに応えていけるように、さらに進化し続けていきたいと思っています。」(安藤氏)

イーデザイン損保と「&e」のこれからに期待していきたい。

(文・平原悟)

&eの詳細はこちら 

&e公式SNSはこちら
Twitter  https://twitter.com/edesign_ande
Facebook  https://www.facebook.com/edesign.ande
note  https://note.e-design.net/