2022.01.30
# ライフ

「立ち会い出産」のあと、夫とセックスレスに…まだ愛されたい40代妻が抱えるモヤモヤ

2020年に発表された性の大規模実態調査『ジャパンセックスサーベイ2020』によれば、婚姻関係にあるカップルのセックスレスは51.9%だという。15年前は31パーセントだったのだが、あっという間に5割を越えた。

日本性科学会の定義によれば、セックスレスとは「特別な事情がないにもかかわらず、カップルの合意した性交あるいはセクシュアル・コンタクトが1ヶ月以上なく、その後も長期にわたることが予想される場合」だ。

もちろん、夫婦間でセックスレスでもかまわないという合意があれば何の問題もない。ただ、片方が「したくない」、もう片方が「したい」と考えているなら、これは夫婦間の亀裂のきっかけともなりうる。

Photo by iStock

もはや珍しくない「セックスレス」

「私は夫婦関係を壊さないために不倫しているようなものかもしれません」

そう言うのは、西島智子さん(44歳・仮名=以下同)だ。もちろん、そんな心境に至るまでにはさまざまな葛藤があった。

 

智子さんが結婚したのは29歳のとき。

「駆け込み婚でした。30歳までには結婚したかった。当時、4年にわたって恋人と同棲していたんです。彼はなかなか結婚に踏み切ろうとしないので、『結婚しよう』と私から言ったら『オレ、結婚には向いてないと思う。このままがいいんだよね』と。

ショックを受けて同棲を解消、その後、婚活パーティで知り合った人とスピード婚をしました。大企業に勤めていて穏やかな人だった。もうそれだけでOKという感じで結婚したんです」

SPONSORED