2022.02.03

なぜか「婚活」がうまくいかない男女が陥る、意外すぎる「3つの共通点」

「婚活疲れ」が続出中
高須 美谷子, 嶋 かおり プロフィール

婚活がうまくいく人との違い

高須:あとこれはもっとも見落としがちな婚活の基本なのですが、本当に結婚したいと思っているかどうかが重要ですよね。

嶋:自分が心から結婚したいと思っていない人は難しいですよね。「周りが結婚したから」「親が結婚しろっていうから」「子どもを持つなら今だから」という方は、結婚する理由が自分以外の所にあります。それは他人軸ですから、どうしても「やらされている」感が出てしまう。本心では結婚したくないのかもしれません。

結婚したい理由を「年齢が年齢だし」「子供を持つなら」「周りがうるさくて」と周りの状況や環境のせいにせずに、「こんな家庭が欲しいから」「こんな未来が欲しいから」と自分自身の希望をはっきり言える人は疲れにくいと思います。

Photo by iStockPhoto by iStock
 

高須:あとは、拙著の『恋愛マッチング方程式』にも書かせていただきましたが、過去の出来事を引きずっている人は婚活が難しくなりがちです。過去の彼氏に手ひどく振られたり、それこそアプリで遊ばれたりした経験を持った女性は、男性のことを入り口から疑いの目で入る傾向にあります。

嶋:わかります! 過去を上手に昇華できているといいのですけれどね。何かのトラブルで喧嘩別れになったとしても「あなたと会ったことで、これが学びになったよ。ありがとう」って手放せればいい。でも多くの女性はトラウマにして恨んだりしがちです。

高須:あと成長過程における環境の問題も引きずりますね。親の離婚や不仲をみてきた女性は「どうせ家庭なんてそんなもの」と諦めがちなことが多いです。私はそんな女性には「原因論ではなく目的論」で考えること、「課題の分離」をすることをおすすめしています。

嶋:具体的になにをどう考えるのでしょうか?

関連記事