たった1日で「自分だけの部屋」ができる! 最新・住宅メーカーの驚くべき仕掛け

見ル野栄司の「シブすぎ技術放浪記」
見ル野 栄司 プロフィール

少年時代によく近所に秘密基地を作った人もいるかと思います。私自身も含めて、当時のワクワク感を思い出しながら作りたい人は断然こちらでしょう。

©見ル野栄司

公式サイトに掲載されている北出秀樹社長のメッセージにも「夢をかたちにする創造力」とありましたが、「自分だけの空間がほしい!」という多くの人の夢を、現実のものにしてくれる商品です。

自宅の端にありながら、入れば天然のヒノキの香りがする自分だけの秘密基地。まさに夢のようですね。

「木のウィスキー」を“味わう”

そして北陸リビング社さんのブースのお隣が加賀木材株式会社さん。

加賀木材株式会社さんのブース(筆者撮影)
 

この加賀木材さんのところに置いてあったのが能登ヒバから抽出したエッセンシャルウォーター「NOTOHIBAKARA」です。

加賀木材さんが製造・販売しているエッセンシャルウォーター「NOTOTHIBAKARA」(筆者撮影)

こちら本業は、エッセンシャルウォーターとは関係なさそうな建築用の木材を扱う企業さん。しかし県木である能登ヒバの丸太を板に加工するときに木材が余るため、もったいないから何か商品にできないかということで、この商品が生まれたとのこと。

余った能登ヒバの材料を細かいチップにして煮詰め、その蒸気を蒸留して作られたものであり、工程を見ればまさに「ヒバのウィスキー」と言えます。

関連記事