2022.01.21

“金曜にカレーを食べる”はウソだった…太平洋戦争中に兵士が食べていた「艦隊グルメ」

戦時下を生き抜く“海の男たち”の腹を満たしてきた「海軍グルメ」。カレーを筆頭にいまや一般人でも馴染みあるものとなったが、実際のところ、当時はどのような食事が振る舞われていたのだろうか。

太平洋戦争期の駆逐艦を舞台に、兵士たちのハラを支え続けた“主計兵”のドラマを描いた漫画『艦隊のシェフ』。その監修を務めた藤田昌雄さんに詳しい話を聞いた。

艦隊のシェフ第1話を無料公開!

軍事史に詳しい藤田昌雄さん

主計兵とは“艦”の下の力持ち

─『艦隊のシェフ』の主人公は主計兵と呼ばれる兵士たちです。彼らが所属する主計科ってそもそも何をする部署なんですか?

藤田:今の企業で例えれば、バックヤード部門、総務経理のようなイメージを持っていただければわかりやすいと思います。まさに「艦の下の力持ち」という存在。あまり目立たないけれど、絶対に必要な部署ですよね。艦に関係する食糧その他の補給全般を司る部門でもあり、艦の種類を問わず、あらゆる艦に置かれていた部署です。

 

─その中で烹炊所の果たす役割は?

藤田:烹炊所と聞くと耳馴染みのない言葉ですが、平たく言えば、艦の台所です。海原(作中で飯を作り続ける一等主計兵・海原衛)たちは主計科に所属していますが、全ての主計兵が烹炊任務についているわけではありません。

主計科には、大きく分けて衣糧と経理という2つの部門があります。衣糧とは、衣服と食料に関わる業務を担っており、海原たちはこちらの担当ですね。一方、経理の方は、給与計算などが主な仕事です。いわゆる事務員扱いなので、戦闘部隊から見ると、下に見られてしまうことも多かったみたいです。

SPONSORED