2021年6月に厚生労働省が発表した人口動態統計によると、2020年の日本人の婚姻件数は52万5490件で婚姻率は推計4.3。これは前年の4.8(59万9007件)から減少の値で、2001年以降、多少の前後はあれ、緩やかな右下がりを続けている。つまり婚姻する人が少なくなっているのだ。
しかし婚活をしている人は多いはず。結婚したい人が結婚できる環境が重要だ。

ナナさんは47歳のとき、娘に墓場まで持っていくつもりだった実の父親のことを伝え、そこから初めて婚活を決意した。現在は娘とNYに暮らし、婚活アプリで本気で結婚を考えている。その婚活のやりとりをリアルに伝えるNY婚活日記の13回は、「メールの文章」で惚れるという体験をした相手の男性とのやりとりの続きをお伝えする。

ユーモアと思いやりにも満ちている文章を書くその男性は、実際会ってみても非常に居心地の良い関係を築ける人だった。しかし、ナナさんがもっと深い関係になりたいと思った矢先、実は彼には大切に思っていた遠距離恋愛の彼女がいた。結婚願望のある彼は終わりにしようと思っていたが、彼女からNYに引っ越すことにしたと連絡があったというメールがあった。「君のことはとても好きで、絶対に傷つけたくないと思っている。どうしたらいいのかわからないんだ。どうしたら良いんだろう。許してほしい」とそこには書かれていたのだった。

それを知ったナナさんの行動は……。

-AD-

彼からの「親しい女性がいる」という告白に…

最近おかしいなと思っていた彼から、会う予定の日の朝に届いた、愕然とする内容のメール。その衝撃は、高校生の時に好きだった人に「他に好きな人ができた」と言われたときくらいのものでした。そんな昔の甘ジョッパイ恋を思い出すほど、彼に対してはピュアな気持ちで接していたのです。なんと言っても2万歩弱の散歩デートを3回もこなし、もはや気分は同士です。でも、元カノが彼のためにニューヨークに引っ越してくるというのでは、私に勝ち目も立つ瀬もありません。私はこう返信しました。

「正直に言ってくれてありがとう。実のところ、数日前から何か変だなぁとは思っていました。そういうことだったんだね。私のことは心配しないでください。私たちはまだ会ったばかりだし。彼女のことが好きなんでしょう? そして、彼女もあなたのことが好きなのよね?(ここではloveを使いました)これはとっても重要なことよね。二人で幸せになってね。

確かに私はあなたのいい友達になれると思う。でも、ここは彼女に集中した方がいいと思う。こんな状況の中(コロナ禍)ニューヨークに引っ越してくるのは彼女も不安だと思う。貴重な時間を他の女に使っている場合じゃないよ!(笑)私は大丈夫。うん、確かにあなたのことはとても好きだし、正直なところ、今は本当に悲しい。でも、大丈夫。今まで色々ありがとう。本当に楽しかった。どうぞ私の幸せも願ってください。今日会うべきがどうか、ちょっと私にもわからないな。どう思います? あなたが決めてください」

我ながら切ない…今、昔のメールをみながら日本語訳していても、切ない。会わない方がいいし、会っても意味がない、とまで思いましたが、何かうっすらと期待しているものもあったのかな……本当に楽しかったからなぁ。

そして彼からすぐに返信が来ました。

「温かい返事をありがとう。すごく感動した。今日は予定通り会おう。明日からまた天気も悪くなるみたいだし。今日はウイリアムズバーグをぶらっとしようか」

なんとも、また会うことになってしまった……。