2022.01.19
# ライフ # ビジネス

一流ホテル出身のパティシエが、あえて「冷凍・オンライン販売」にこだわるワケ

ホテルとの「大きな違い」を感じた

「ホテル時代には、ゲストがいなくても商品を用意しなければならず、まるで捨てるためにつくっているかのような気持ちになりました。今はオンラインショップの注文状況から仕込み数を把握し、冷凍発送することによって商品廃棄をほぼゼロにしています。緩衝材や発送用のダンボール箱にはリサイクル紙を使用してエコロジーにも配慮しました」

本格的に始動するにあたっては商品のラインナップも増やして、選択肢を増やす。

「エレガントなレアチーズ」(15cm、3600円)は鈴木氏が2011年の「キリクリームチーズコンクール生菓子部門」で最優秀賞を獲得したレシピをアレンジしたもの。リッチで重厚な味わいだが、口に入れると爽やかなレモンが香る。「バニラなベイクドチーズケーキ」(15cm、3000円)はしっとりとした口当たりが特徴的。バニラの風味が豊かで、クリームチーズのコクとも相性が抜群だ。

さらにはチーズケーキに合う「パッションフルーツのソース」(560円)や「ミックスベリーのソース」(480円)も販売するなど、チーズケーキの世界観を巧みに広げている。

購入者は日本全国にまたがっており、四国、九州あたりが目立つ。比較的年配者が多く、その半分が贈答用であるという。男女別にみてみると、女性が全体の3分の2を占めており、自分用が中心だ。リピーターが多いことからも満足度の高さが窺える。

 

続いて、ガトーオペラにも進出

チーズケーキ専門店として地位を固めていきながら、鈴木氏は次なるステップを踏み出す。それが、前述したガトーオペラ専門店の「クインテットドペラ」だ。2021年9月にクラウドファンディングのMakuake(マクアケ)で募集を開始し、11月には完売したという人気の商品。

SPONSORED