誰を大事にするか見直す

特に容姿や体型を誰かに否定された経験がある人は、どうしても自分への評価が気になり、自分をよりよく見せようと試みたり、気に入られようとしがちだ。でも、人生で本当に大事なのは、あなたを評価したり、完璧さを求めてくる人ではないはずだ。それよりも、一緒にいてお互いに気楽だとか、話しやすい人のほうが人生は豊かになる

また、太ったことをやたらなじってくる人は、その人自身に体型コンプレックスがある可能性が高い。「あなたのためを思って」と言うかもしれないが、そんなときには「私のためになってないです」と返すことも大切だ。自分自身は誰を大事にしているだろう?という問いかけもときには必要だと思う。

-AD-

カロリー消費ではなく、楽しく体を動かす

じっとしていると頭ばかり使って悩みやすくなるので、ある程度からだを動かすのもおすすめ。ただし、「楽しい方法」ということは重要だ。私自身、痩せたいがためにカロリー消費だけを考え、ストイックに運動していたことがある。結局、義務的で息苦しくなってしまい、とてもつらい経験をした。

手軽に出来ておすすめなのが、『ピクミンブルーム』というスマホアプリを使うこと。万歩計にもなるし、歩けば歩くほどピクミンというキャラクターが成長する。街によって発見できるアイテムが異なるので、普段は電車移動している場所も時間があれば徒歩移動してみたりする。歩くのが楽しみになった。

秋から『ピクミンブルーム』にハマっているなおさん。この日も渋谷から外苑まで楽しく散歩を。写真提供/吉野なお

嫌いな服を着ているのであれば着替えればいい。しかし、体はすぐに思い通りに変えられない。だからこそ「こんなんじゃ嫌だ」と全否定するよりも、自分の気持ちと折り合いをつけながら、程よくつき合っていく方がいいと思うのだ。