コロナの飲み薬「モルヌピラビル」は、本当に「救世主」なのか? 最新の研究が示すこと

村上 和巳 プロフィール

新たなウイルスを作れなくなる

ヒトがラゲブリオを服用すると、体内で酵素により代謝(変換)され、その結果生成された代謝成分がRNAポリメラーゼを使ったRNAのコピー過程にもぐりこむ。

この結果、正しいウイルスRNAがコピーできなくなるため、新たなウイルス自体も作れなくなる仕掛けだ。

ウイルスが増えることを抑えている間、回復したヒトの免疫力が残るウイルスに感染した細胞を殺し、結果的にウイルスはヒトの体の中から排除されることになる。

 

ちなみにこれとほぼ同じ作用の仕方をするのが、新型コロナにも有効ではないかと一時期騒がれた国産の新型インフルエンザ治療薬のアビガン(一般名・ファビピラビル)である。

こちらの方は今のところ臨床試験で十分な有効性が示せていないため、新型コロナ治療薬として承認には至っていない。

関連記事