2022.01.24
# ライフ

「お金がない」と怯えて暮らしていた87歳認知症の女性が「終の棲家」を見つけるまで

これまで数々の相続トラブルを解決してきた司法書士で、『相続は遺言書で9割決まる!』の著者・福田亮氏のもとには、日々さまざまな相談・依頼が舞い込んでくる。

今回ご紹介するのは、前編でも紹介したように、認知症を発症した87歳の女性、佐々木さん(仮名、以下同)に降りかかったお金のトラブルの事例だ。解決のカギは「成年後見制度」にあった……。

女性を救った「成年後見制度」

佐々木さんの症状は、判断能力が著しく落ちているという感じではありません。身寄りのない一人暮らしですが、日常生活に大きな支障はないようです。

Photo by iStock

しかし、言うことがコロコロ変わったり、一日に何十件も電話したりといった行動が見られました。私のところにも、日に10回以上電話がかかってきて。電話したこと自体を忘れているのかと思っていたら、「何度もゴメンね」と言うんです。

電話したことは覚えているけど、だからといって電話を我慢できない様子。行動の抑制がきかなくなるというのは、割とよく見られる認知症の症状のようです。

日常生活は一人で送れるけれど、本人だけで難しい判断をすることは危険なので、後見制度の「保佐」という形で裁判所に申し立てしました。しかし、申し立てのために診断書を取得したり、戸籍調査をしたりと、さまざまな手続を踏んでいる間に、どんどん症状が進行していき、佐々木さんが一人暮らしを続けることが難しくなってしまいます。

同じマンションに住む顔なじみの方の家を何度も訪問したり、整形外科に一日何度も行ってしまったり。しまいには、仮病を使って人を呼び出すことまで頻発して。

ちょうどコロナが流行しはじめたぐらいの時期でしたが、いきなり電話がかかってきて、苦しそうな声で「先生、死にそうよー」と言うんです。こりゃ大変だ! と思って駆けつけると、ケロッとしている。

そんなことが始まってしまったので、これはもう、一人で生活を続けるのは無理だな……と。

 

そこで、財産を整理して、施設に入ってもらうことにしました。もっとも佐々木さんは現金を全く持っておらず、資産はマンションだけ。消費者金融への借金やクレジットカードの残債もありました。

そのため裁判所に事情を説明して、保佐人である私に、佐々木さんの自宅マンションの売却や施設への入所契約、借金の整理など、財産と債務を精算して施設での新生活を始めるために必要な代理権を付与してもらいました。

施設に入るために30万円ほど必要でしたが、それは私が立て替えて、まず施設に入っていただきました。その後、自宅マンションを売却し、その売却代金から借金も整理しました。

参考までに、佐々木さんの「これまで」も含めて、以下でその経緯を詳述します。

SPONSORED